最新のベイザー治療機|誰でも手軽に受けられる脂肪吸引手術|痛みや負担が少ない最新治療法
女性

誰でも手軽に受けられる脂肪吸引手術|痛みや負担が少ない最新治療法

最新のベイザー治療機

水着の女性

神戸の美容外科クリニックでは、ベイザー脂肪吸引による施術を行なうことができます。このベイザー脂肪吸引とは、通常の脂肪吸引とは違い、ベイザー波と呼ばれる特殊な超音波を脂肪細胞に照射しながら吸引する施術です。一般的に行なわれる脂肪吸引との違いは、従来の方法よりスムーズに脂肪吸引を行なえるということです。ベイザー波を脂肪細胞に照射することで、脂肪を安全に溶かしながら吸引することができます。脂肪吸引はカニューレで細胞を吸い込む際に、神経や血管を傷つけるリスクがあるため、医師も施術には細心の注意を払う必要があります。しかし、ベイザー波を使った施術であれば、脂肪細胞のみを溶かして吸引しやすくすることができるので、血管や神経を傷つけずに脂肪のみを除去することができます。また、神戸のクリニックが使用するベイザー脂肪吸引は、体の負担が少ないのでダウンタイムが短いことも人気です。通常の脂肪吸引での施術では、患部がしばらく腫れ上がってしまうため、手術後はしばらく休養をしなければなりません。しかし、ベイザー波を使った施術はこうした腫れや内出血、痛みなどの負担も一般的な施術方法に比べて軽減されているのです。手術中の痛みも少ないので、初めて脂肪吸引を行なうことについて不安を抱えている人でも、安心して施術を受けられるでしょう。

ベイザー脂肪吸引の利点は、部分やせしたい箇所の脂肪をすみずみまで除去することができる点にあります。通常の脂肪吸引による施術では、患部に挿入したカニューレの真横の脂肪まで除去することはできません。多くの脂肪を取り除こうとすれば、その分カニューレを体内で動かすこととなるため、傷や痛みといった体への負担も大きくなるのです。しかし、神戸の美容外科クリニックのベイザー波を使った治療であれば、こうした問題にも対処できます。カニューレの先から発せられるベイザー波が、周辺の脂肪を効率よく溶かすので、わざわざ傷口をえぐるように動かす必要はありません。傷跡も小さいので、施術後も目立たずに済むのも利点です。このベイザー波を使った方法は、脂肪吸引に関する仕上がりも非常に自然な状態となります。一般的な脂肪吸引の方法では、繊維組織が傷ついてしまうので、どうしても施術跡に皮膚のたるみが残ってしまいます。しかし、ベイザー波を使った方法ならば、繊維組織を傷つけずに脂肪細胞のみを取り除くことができるのです。繊維組織の回復が早く、施術後にバランスよく体へと収縮するため、皮膚のたるみが現れることを最小限に抑えられるのです。

近年行なわれている脂肪吸引による方法では、取り除いた脂肪細胞を体の別の場所に注入します。脂肪の再注入により、バストを大きくすることや、顔のほうれい線や額の目立つシワを目立たなくさせることができるのです。自分の脂肪細胞を移植するわけですから、シリコンなどの人工物を入れることよりも体の負担は少なく、さらにヒアルロン酸のように簡単に吸収されることもないので、神戸の美容外科をはじめ多くのクリニックで吸引後の脂肪の再注入施術を行なっています。しかし、この脂肪を再注入する施術は、注入後の定着率が低いのが問題となります。脂肪組織が大きい状態ですと、体に定着せずに代謝されてしまうため、なるべく組織を細かくしてから注入しなければならないのです。ベイザー波を使った施術であれば、超音波によって脂肪細胞を細かくすることができるので、再注入での定着率が非常に高いのです。また、ベイザー波による施術であれば、脂肪細胞の元となる脂肪幹細胞も数多く含まれています。バストに注入することで、高い効果でバストアップすることができます。ほうれい線などの目立つシワに注入すれば、若い頃のようなハリを再び肌に与えることができるでしょう。単純に痩身効果を得るだけでなく、再注入による高いメリットもベイザー脂肪吸引では得られます。